ソード2

ソード

ソード2から相手の気持ちを読むなら?「均衡を保つこと」が意味を解釈するキーワード!

ルナ•カリーノ
ソード2」のカードの意味を独自の解釈も交えて解説します。
「ソード2」は「均衡を保つこと」を暗示するカードなんだ。
ルドルフ

全78枚の意味はこちら

 

【ソード2】相手の気持ちを読み取るなら?

ソード2

【ソード2】相手の気持ち

ソード2恋愛における解釈

  • 相手とのバランス
  • 心のバランスを保つ
  • 平行線
  • 理論武装
  • 介入されたくない

【ソード2】相手の気持ち(正位置)

均衡を保つ 板挟み 行き詰まり
その場しのぎ 利害関係 緊張状態
表面的な関係 形だけの対応 冷静に対処

ソード2の正位置から読み取れる「相手の気持ち」は…

均衡を保ちつつ相手の出方を待っている

です。

ソード2の正位置は直面する課題に対して「板挟みの状態」になっていることを暗示しています。

お相手はあなたに対しての思索を深めていますが「独りよがり」の内容になっている心配も…

また、あなた自身も冷静な判断力や理解力が試されるかもしれません。

ソード2の正位置は、その場しのぎの辻褄合わせでは、 この場を乗り切ることができないと言う警告でもあります。

目の前の問題に無理に結論を出さず、現状を維持しながら、タイミングを見計らうことで、穏やかな心を取り戻せるでしょう。

お相手との復縁を願っているのなら、お互いの主張を曲げられなかったことが愛を遠ざけた原因です。

そこを理解しないと復縁は難しいです。

「私の言いたかったことをわかって!」と叫ぶ前に「相手は何を言いたかったのか」をもう一度考えてみましょう。

 

ルナ•カリーノ
慌てて結論を出さないで感情よりも理性が大事。今は均衡を保って!

 

一言アドバイス

お相手の言葉に対して「聞く耳を持つこと」を意識しましょう。

「どうせこうなんでしょ!」と決めてかかれば相手と心を通わせることなどできません。

自分の考えにこだわらず、2人で正解を探しましょう。

 

【ソード2】相手の気持ち(逆位置)

均衡が崩れる 感情を出す 自分の意見を主張
関係が崩壊 問題が噴出 動かない
慎重すぎる 停滞 どっちつかず

ソード2の逆位置は、表面上保っていた均衡が崩れることを暗示しています。

相手の方は、

どっちつかずの状態に耐えられなくなって、突発的な行動をする可能性があります。

その結果、今まで表面化しなかった問題が噴出する可能性があります。

またあなた自身も闇雲に動いたとしても、良い結果を得られそうにありません。

周囲の状況を注意深く観察し、結果を見る必要がある事なら、それを待ってから判断し行動しましょう。

 

ルナ•カリーノ
場当たり的な行動はくれぐれも慎んだほうが無難です!

 

一言アドバイス

場合によっては臨機応変で柔軟な対応が必要になるかもしれません。

強い意志の力で 衝動を抑え、先を見越した計画と行動力を持って対処することが賢明です。

 

【ソード2】解釈のキーワードは「葛藤」

ソード2

【ソード2】意味と解釈

ソード2シンボルの意味

  • 斜めの剣…迷い
  • 2つの剣…選択
  • 三日月…不安・変わる・女性性
  • 静まった海…緊張感・集中・静観
  • 目隠し…見て見ぬふり・第六感を働かせる
  • 灰色…霊性

両手にソードを持つ女性。目隠しをしているのは、痛くないものがあるのか、自分の本心を隠したいと思っているのでしょうか?2本のソードは板挟み状態を暗示しています。

ソード2のカードは、自分と他人の間、そして同時に自分自身との間に感じているバリアです。

真実を見ることを避け、何もかもうまくいっているふりをすると同時に、一方で内面的な部分では、感情を抑え感じることを拒絶している状態を表します。

いわば思考と感情がつながっていない状態だと思言えるでしょう。

ソード2を解釈するなら、複数の選択肢、あるいは本音と建前のキャップなどで戸惑っている状態。決断の先延ばしが、どのように転じるかを読み解いてみてください。

 

 

全78枚の意味はこちら

 

最大30分の相談が無料!

3000円クーポンを貰う!

当たると評判の占い師ランキングを検索!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ルナ•カリーノ

タロット歴5年。78枚のタロットカードの意味や解釈の仕方を初心者にもわかりやすいように紹介しています。また「自己理解のツール」としてタロットカードの魅力など発信しています。ポテトサラダが好き。

© 2021 タロットカード意味一覧 Powered by AFFINGER5