ひきこもり主婦

「パート行きたくない…」辞めた私が当時よりも稼いでいる理由

パートに行きたくない、パートなんて辞めたい、こんなことを常に思っていたのが一年程前の私です。

パートに行くのが憂鬱で前日に休む理由をあれこれと考えてしまうなんて時もありましたよ。

家事や育児をこなしながらさらにパートの悩みがあるって心も身体もドッと疲れますよね。

パートが終わって家に着いても頭の中はパートの悩みで、私の憂鬱によって家庭にもどんよりとした空気が流れていたように思います。

時にはピリピリとした空気も流れ、私に話し掛けないでオーラを出していました。

今辞めてもまたパート探しをしなきゃだし、辞めますなんて言い出しにくいし、先のことを考えるとどうにもならないんじゃないか...などすぐにでも辞めたいパートなのに簡単に辞められない状況も最悪でした。

「限られた時間の中で主婦が働くならパートしかない」と勝手に思い込んでいたんです。

そんな最悪な状況を過ごしていた私ですが、現在はパートに行きたくないという悩みから解放され、新しい働き方を見つけることができています。

働き方の選択肢が増えている時代、主婦ならパートと決めつける必要はなかったんですよね。

もっと早く辞める選択をしていればよかったと思えるくらい、今の働き方に満足しています。

主婦でもちょっとした行動の変化や選択によって自分で働く環境を作ることができるんですよ。

そこでこの記事では、新しい働き方に関して「パート行きたくない…」と辞めてしまった理由や「パート時代よりも稼げるようになった方法」を紹介します。

パートに行きたくないと悩んでいる方やパート向いていないかもと思っている方の参考になれば嬉しいです。

 

「パート行きたくない…」私がパートをすぐに辞めたいと思った理由

子育ても少し落ち着き、私が始めたパートは地域で一番大きなスーパーのレジ打ちや品出し業務です。

「主婦歓迎・シフト自己申告制」の文字に釣られてしまい、お気楽な感じでパートを決めてしまったんですよね。

でもいざ働き始めると、パート辛いつまらない煩わしい何これ?状態。パート行きたくない、このパート向いていないかもと思うようになっていきました。

パートに行きたくないと思い始めた理由は数々と、その中でも大きな理由が3つあります。

 

パートに行きたくない理由1「体力的にも精神的にも向いていませんでした…」

家事育児そしてパートをするってなかなかの体力を必要としますよね。

もちろん世の中にはバリバリと働き家事も育児もこなすという方はたくさんいますけど、私の場合は普通に辛かったです。

レジ打ちやたまにの品出しくらいなら私でも大丈夫なんて思っていたのに、このパート向いていないかもと思うことが体力的にも精神的にもありました。

例えば、

何時間も立ち続ける

立っているだけのように思えるレジ打ちですが、この立っているだけというのが地味に辛い...帰宅する頃には脚がむくんで重いしもうぐったり。

レジ打ちがこんなに体力を消耗するとは、同じ態勢でいるって動いているよりもキツイと思います。

ぐったりの中、家事も育児もしなきゃって本当嫌になりますよね。「もう明日はパート行きたくない」そんなことを思う日ばかりでしたよ。

たまに現れるクレーマー

混雑している中イライラしているお客さん、クレーマーと化すことがありました。

「もっと急げ!」「このスーパーはどうのこうの...」と言い始め、私に対応する力はなくひたすら謝るのみ。

あまりにもひどいクレーマーの場合は上の方が対応してくれていましたが、クレーマーが現れた日は今すぐパート辞めたいと思ってしまう程精神的にやられました。

 

パートに行きたくない理由2「人間関係に疲れた…」

パートは20代後半~50代女性の集まりという場合が多いですよね。女性ばかり集まればやっぱり人間関係の悩みはつきもの。

社会人時代よりも煩わしいパートの人間関係に疲れてしまったという方も多いと思います。

私が経験したこととして、

お局による陰口

噂好きのお局さんはパートあるあるかなと思います。

お局さんはとにかく新しく入ってくる子が気に入らないんだろうな~と思うことありませんか?

噂好きで終わってくれればマシですが、噂をあることないこと広げ陰口。

自分のことじゃなくても誰かの陰口を耳にするだけで嫌な気持ちになりますよね。

陰口を今日も聞くのか、自分も言われているんだろうなぁと思うとパート行きたくないという気持ちが加速していくばかりでした。

社員によるパートマウンティング

社員とパートここは上手くいかないもので、特に同じ性別年代だと尚更です。

「社員じゃないって不安にならないの?私だったらパートは絶対無理だな~。」「パートって時給超安いでしょ。大丈夫?社員は待遇いいよ~。」

など心配しているフリのマウンティングもジワジワときましたよ。

マウンティングって本当くだらないですよね。パートに行くのが憂鬱...うんざりでした。

 

パートに行きたくない理由3「パート選びを失敗した…」

体力的にも精神的にもこのパートは向いていない、パートの人間関係疲れた、パート行きたくないと感じている時点で、パート選びに失敗しているのですが...

さらに失敗したと感じた理由として、

事前に聞いていた話しと違う

すぐに辞めてしまうパートさんが多く強引にシフトを組まれることがありました。

シフト自己申告なんて全く無し。残念ながら働く前は良いことを言う・パートは都合よく扱われる、そんなものですよね。

こんな環境では「パート行きたくない」とすぐに辞めてしまうのは当然のことだったと思います。

パート選びを失敗したと後悔

つまらないからパート行きたくないとは何だかいい大人が言いにくいのですが、つまらないって苦痛の時間だと思いませんか?

仕事なんだからと割り切ることも必要とはいえ、何でこんなことしているんだろう?楽しさが何も見つけられない...とパート選びを失敗したと思うことが増えていきました。

楽しさが見つけられないと続けるって難しいですよね。

 

「パートに行きたくない…」辞めた私が今の方が稼いでいる理由

こうして「パートに行きたくない」を経験してきた私ですが、現在はパートという働き方から離れ自宅にいながら収入を得ることができています。

パートに行きたくないからとりあえず始めてみたこと

パートを辞めたいと考え始めた時にとりあえず何か始めようと登録したのがメールレディアプリのモアでした。

始めるのにお金は掛からないし、簡単に始められるし、稼げなければそれはそれで仕方ないと諦めもありつつのスタートでしたよ。

パートに行きたくないから何か変えないとパートを辞めたいなら何か始めないとという気持ちが強かったんですよね。

そんな気持ちで始めみたメールレディアプリのモアでしたが、

「LINE感覚のやり取りで自由に働けるって最高かも!」「パートの悩みがないってこんなにも楽なんだ!」

こんなことを感じ始め、パートを辞めても大丈夫と思えるようになっていきました。

LINE感覚のメールレディアプリ

モア(App)

最高時給3600円も可能!

 

 

心にも時間にも余裕ができて新たに始めてみたこと

パートを辞めてからは心にも時間にも余裕ができ、さらに収入を増やしたいと思うようになっていきました。

パートに行きたいくないと悩んでいた時は「どうパートを休もうか」と後ろ向きなことばかり考えていたのに、余裕があると「あれもこれもやってみようかなぁ」と前向きな気持ちになるんですよね。

ラーキャリで心理学を勉強、心理学の知識を生かしてメールレディやチャットレディで収入アップ、更に知識を活用してママワークスで在宅ライター、気づけばパート時代よりも稼げるようになっていました。

稼ぎたい!!という気持ちよりも、パートに行きたくない憂鬱から解放されたから稼げるようになったという感じだったように思います。

悩みがなくなるとこんなにも行動的になれるんです。

 

パートに行きたくないと悩まないで!

パートに行きたくない理由は人それぞれあると思います。外で働くことが向いていないという場合もありますよね。

辛いことから逃げちゃだめなんていうことはなく、逃げても新しい環境を作ればいいだけなんです。

新しい環境のスタートとしてメールレディを始めてみよう、私はここからのスタートでした。

パートに行きたくないと悩んでいる方やパート向いていないかもと思っている方も、こうして始めてみることで変わるきっかけを見つけることができますよ。

 

 

「在宅で稼ぐ」を今すぐ始める!

初心者OKの仕事多数!

クラウドワークスに登録

アカウントを作成して案件をチェック!

LINE感覚で稼げるメールレディアプリ

モア(App)

AppStoreで無料DL

-ひきこもり主婦

© 2021 ひきこもり主婦の在宅ワーク Powered by AFFINGER5