【ソード10】意味と解釈

ソード

【ソード10】相手の気持ちを読むなら?意味と解釈(正位置•逆位置)

ルナ•カリーノ
ソード10」のカードの意味を独自の解釈も交えて解説します。
「ソード10」は「最悪の状況から抜け出す」ことを暗示するカードなんだ。
ルドルフ

全78枚の意味はこちら

 

【ソード10】相手の気持ちを読み取るなら?

【ソード10】相手の気持ち

【ソード10】相手の気持ち

ソード10から読み取れるお相手の気持ちは…

「惚れた自分の負け」

お相手とのギクシャクした関係が修復に向かいます。

歩み寄るのはあなたかもしれません。

もしもあなたが、お相手との復縁を望んでいるのならば、ソード10の意味が示すように復活の日が近いでしょう。

ただし、「私たち、まだ終わっていないはず…」と言う未練があるうちは真実がみえません。

一度手放しすことによって新たなに「お相手の気持ち」に気が付くことができるでしょう。

 

ルナ•カリーノ
復活の日は近いですが、じっくり待つことも相手の気持ちを思いやる意味で大切です。

 

ソード10 正位置の意味

不幸 苦悩 絶望
心の痛み 辛い思い 失敗
計画の頓挫 決着がつく 抵抗しない

ソード10は、小アルカナの中で最も凶札とされています。心理的に立ち直れないような大きな挫折感を表します。

ですが、現実を受け入れることで明るい未来を手に入れられることも示しています。

最悪の状況が訪れ、心身ともに打ちのめされるような展開を暗示しますが、どんなに苦しい心の痛みも、いずれ晴れる時が来ることも同時に表しています。

自分の弱さや置かれた状況、全てを受け入れた「悟りの境地」に辿りつき、結果次のステージへと進めるというメッセージでもあります。

 

ソード10 逆位置の意味

好転する 浮上する 再起する
光明が見える 表面的な解決 一時的好転
苦痛から解放 新しい可能性 破壊と再生

ソード10の正位置が最悪の状況を示すものに対し、逆位置はそこからの立ち直りを表します。

心身に受けたダメージの回復を待ちながら英気を養い、次なるステップに進んでいきましょう。

今までの反省と経験を踏まえ「二度と同じ失敗は繰り返さない」と意識を新たにすることで精神面でも大きな成長が遂げられそうです。

 

 

【ソード10】意味と解釈。キーワードは「不幸からの好転

【ソード10】意味と解釈

【ソード10】意味と解釈

ソード10シンボルの意味

  • 倒れた人…自分の過去
  • 剣が刺さる…決別する
  • 夜明け…新しいステージ
  • 暗い…悩み・辛さ
  • …試練

ソード10の描かれた10本の騒動で刺された男性。一見不吉な絵柄ですが、よく見ると暗い空が晴れ渡ろうとしています。

現実を受け入れることで明るい未来を手に入れられることを表します。

ソード10のカードに描かれた水辺は「ソードの示す理性」と「水の示す感情のバランス」心理の世界を意味します。

ソード10はどん底の不幸からの好転の兆しを暗示し、自分の抱える苦悩とどう向き合えばいいのかを静かに語りかけてくれます。

このカードが出たら自分の気持ちを見つめ直し、物事が確実に上向きになってきていると思ってください。

 

ルナ•カリーノ
心わずらわせる問題は、受け止め方次第でいくらでも軽くできるはず!

 

 

 

 

電話占いでタロットの理解を深める!

最大30分の相談が無料!

3000円クーポンを貰う!

当たると評判の占い師ランキングを検索!

 

© 2021 タロットカード意味一覧 Powered by AFFINGER5